インフルエンザ予防接種、今からでもするべきでしょうか?もうすぐ2月下旬だけど。

インフルエンザ予防接種、今からでもするべきでしょうか?
そう聞かれました。

今は2月下旬にはいろうとするところ、平年どおりで考えると、
ご利益はもはやあまり無いのですが、ゼロではないです。。。

インフルエンザ予防接種は、免疫グロブリンGと言うタイプの
免疫抗体がインフルエンザワクチンに対してできます。
インフルエンザ予防接種後、十分な量のそれができるのに
およそ2週間かかります。

そうすると、2月下旬に予防接種を受ければ
効果が出てくるのは3月5日過ぎですね。
例年そのあたりに最後の寒波が来て、
お彼岸の中日である春分の日のころまでにようやく暖かくなる。

と言う経過なので、
最後の2週間のために効果があるのはあるのですが、
費用対効果のほどはなんとも申せません。


逆にこの時期であれば、この冬に向けて作成されたワクチンが
今年流行した型に対して効果的であったかどうかの
情報がそろそろ出てくるはずです。


探してみましょう。
「インフルエンザ+流行の型」
でGoogle検索をしてみたところ、こんなのがありました。

東京都福祉保健局健康安全室感染症対策課

記事にはこう書いてあります。

***************
平成17年2月18日
福祉保健局

 都内のインフルエンザ定点※からの第6週(2月7日から13日)の患者報告数が、1定点医療機関当たり38.23人となったため、インフルエンザの予防対策をさらに徹底するよう注意を喚起する「流行発生警報」※を発令します。
都内の患者発生状況

 今年は、流行の立ち上がりが例年に比べ遅かったものの、最近、急激に拡大しています。報告された患者からは、シーズン当初はA香港型ウイルスが検出され、現在はB型ウイルスが多く検出されています。
***************

そしてページの最後にはこう書いてありました。

***************
予防接種が済んでいない方は是非接種をしましょう。

 インフルエンザワクチンの予防接種は、発病または重症化を防止する効果がありますが、その効果が現れるまでに通常約2週間程度かかります。
 今季の予防接種ワクチンは流行の型に近いため、効果が期待できます。
***************

なるほど、今年は立ち上がりが遅かった分、
これからももう一騒ぎの可能性はあるのですね。

受験だとか大事な仕事などがあるのであれば、
転ばぬ先の杖、今月いっぱいは
インフルエンザ予防接種する意味がありそうです。



怖がらないで打ちましょうかね。。。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34140255

この記事へのトラックバック

只今香港旅行から帰ってまいりました。
Excerpt: どーも。出張という名の香港旅行から帰ってきて、明日から始まる過酷な仕事に怯える管理人Bです。こんばんわ。実はアジア系の海外はこれが初めてなわけでして、期待に胸を躍らせていたわけでありますが、、、
Weblog: 募集掲示板体験日記
Tracked: 2007-02-20 16:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。