インフルエンザと病気の保険

インフルエンザと病気の保険

インフルエンザの予防や初期治療に運悪く失敗して、
入院治療などが長引いてしまった場合、

あるいは運悪くインフルエンザ脳症などで
長期入院や後遺症の存在に悩むようになった場合、

普通の社会健康保険以外の、
個別の病気の保険が思わぬ家計の助けになります。


特に、65歳以上の高齢者のいる家庭では、
病気の保険への加入も考えてみてください。

もっとも有名なものでは、アフラック(Aflac)の
病気の保険でエバーハーフ(EverHalf)というものがあります。

この特徴は、65歳以上で条件が有利になると言うもの。
保障はそのままで、65歳から保険料が半額になる一生涯の医療保障です。
(ケガの入院保障は90歳まで)


次に有名なのは、オリックス生命の医療保険キュア(Cure)があります。

安心が一生涯つづく割安な医療保険。保険料は加入時のまま変わりません。
※保障内容は基本プラン 日額1万円コース 終身払の場合


三番手は、アリコ(Alico)の少しで安心、終身医療保険です。

更新がないので、保険料がいっしょう上がりません。

しかも、入院日数が長くなりがちな生活習慣病(*)には特に手厚く保障します。
*:生活習慣病(ガン(悪性新生物・上皮内新生物)、
脳血管疾患、高血圧性疾患、心疾患、糖尿病)で入院された場合、

1入院180日・通算最高1095日まで保障されます。

その他の病気・ケガで入院された場合、
1入院60日・通算最高730日まで保障されます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32852480

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。