インフルエンザの予防法

インフルエンザを予防する方法としては、
以下のようなことがあげられます。当たり前ですが、大事です。

帰宅時の手洗い、うがい

咽頭粘膜や手指などの身体に付着したインフルエンザウイルスを
物理的に除去するために有効な方法です。

インフルエンザウイルスは少しの量であれば、
免疫系が感染細胞を除去することで発症をふせげます。

そのためには手洗い、うがいは最低限の予防方法です。


流行前のワクチン接種 

インフルエンザワクチンは、予防にはなりません。
でも、罹患した場合の重症化防止に有効と報告されています。

これによりウイルス排出量も落とせるはずです。

我が国でも年々ワクチン接種率が上昇してきています。
あなたも忘れないで受診してください。


適度な湿度の保持 

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、
インフルエンザにかかりやすくなります。

それともうひとつ、ぬれた布などにはウイルスがトラップされるので、
室内にぬれた布などを干しておくのは大切です。
そこにウイルスが付いて浮遊量を減らせます。

マスクも同じ理由です。
ぬれたマスクがウイルスをトラップしてくれるのです。

特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、
十分な湿度(50−60%)を保つことも効果的です。



十分な休養と栄養摂取 

からだの抵抗力を高めるために
十分な休養と栄養を日ごろから心がけましょう。
これはインフルエンザに限らす、すべての風邪の予防になります。

人混みや繁華街への外出を控えること、外出時のマスク着用 

インフルエンザが流行してきたら、

特に高齢者や慢性疾患を持っている人、
疲労気味、睡眠不足の人は、
人混みや繁華街への外出を控えることが大事です。

本当に、これが一番の予防法ですよ。

外出時にはマスクを着用することも効果があります。
理由は上に書きましたね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32851597

この記事へのトラックバック

インフルエンザ・・・かな?
Excerpt: 今回わたしの思い当たるところは「人ごみを避ける」という項目です。たまたまパソコン屋さんに行ったのですが、Windows Vista発売直後ということもあり、かなり混んでいました。 帰宅後手洗い・うがい..
Weblog: なんでもかんでも情報ナビ
Tracked: 2007-02-08 17:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。