インフルエンザはどんな病気なの?

インフルエンザはどんな病気なの?

(インフルエンザ特有の症状、ふつうの風邪との違い、
 治るまでの期間、インフルエンザの診断法など)

ライノウイルスなどのふつうのかぜの多くは、
のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳などの症状が中心で、
インフルエンザのような全身症状はあまり見られません。

発熱もインフルエンザほど高くなく、
弱っている人でない限り、重症化することはあまりありません。

一方、インフルエンザですが、最初は普通の風邪と同じように、
のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。

ところが困ったことに、
38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が
突然、まったく突然といっていいほど急に現れます。

もちろん、その前に関節や腰のだるい感じがあるのですが
インフルエンザウイルスの身体での拡がりはほんとうに爆発的です。



インフルエンザは流行性疾患です。
流行性感冒という言い方もしましたね。
英語ではfluです。

中国の鶏や豚を経由して大流行が毎年始まると言われています。
一旦流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が広がります。
日本では例年11月〜4月に流行します。

現在では、
A型であるH1N1亜型(一般にA/ソ連型と呼ばれます)と
H3N2亜型(一般にA/香港型と呼ばれます)、
B型の3種類が世界中で共通した流行型となっています。

流行するウイルスの型の数と比率は、
各国地域で、また、その年ごとに異なっています。

どちらも病院で診断できるので、それに対処した対策が可能です。
しかし診断が遅れると特効薬が使えないため、

臨床症状からそれが疑われても、病院側で検査しないことも
多々あるようです。
安い検査ではないので、文句を言う人も多いので。


ということで、インフルエンザには数種類あること、
そして毎年何がはやるかわからないこと、
早く病院に行けば診断できて特効薬が使えること

覚えておいてくださいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。