インフルエンザの知識とインフルエンザへの対処の索引

子供がインフルエンザに感染したのではないかと思われる場合の対処方法

2009年の8月中旬ごろから、新型インフルエンザ(new influenza A(H1N1))が流行っています。

このインフルエンザの毒性は今のところ高くないのですが、これに対しての免疫を持つ人が90歳以上の高齢者を除いてほとんどいないので非常にかかりやすい状況のようです。

また、免疫を持たないウイルス感染と言うことで、免疫反応が遅れて重症化したり、逆に免疫反応が過剰に働いてさまざまな望ましくない症状が出ることも多くて、重症化する率が通常のインフルエンザよりも高いようです。


妊娠中、生活習慣病を持つ方、呼吸器疾患、腎臓疾患、その他さまざまな免疫力の落ちている状態の方々は注意してください。


お子さんがインフルエンザにかかったのではないかと思われる場合の対処法のみ、書いておきます。

まず、インフルエンザじゃないかと疑う根拠ですが、


1.一緒に遊んだ近所のお友達や家族、親せきに明らかにインフルエンザと診断されたものがいる、あるいは風邪が流行っている。

2.風邪症状、下痢、おう吐、発熱などのいわゆる風邪症状(消化器症状も含む)を呈している。


この二つがそろったところで、まずは疑ってかかってください。


でも、ここであわてないで。

普通の風邪のこともありますし、インフルエンザでも軽くて済むことも多いのです。

発熱が38度程度までであれば、おうちで安静にして、頭部や頸部を冷やして上げるだけで回復します。

下痢を伴う場合にはポカリスエットなどで栄養補給をきちんとしましょう。


病院に行って他のウイルスやバイ菌をもらうよりもその方が安全ですし、子供も楽です。


ただし、以下の場合は別です。

上の二つのどちらか一方だけの場合でも、以下の基準に合う場合はインフルエンザを疑って病院に問い合わせるなどの行動をおこしてください。


3.38.5度以上の急激な発熱がある。

4.神経症状がある:壁にドラえもんがいる、などと、ボケたことを言うが、冗談ではなくて本気でそう見えている。
          突然部屋を出て行って廊下でおしっこをするなど奇異な行動がある。
          話しかけでも返事のろれつが回らない。


インフルエンザ脳症の頻度はそれほど高くないのですが、起こってしまったら一刻も早い集中治療が望ましいです。

頻度が低いのでタミフルやリレンザの効果については正確にはわかりませんが、至急、抗インフルエンザ薬を服用させることをCDCでも推薦しています。

関連文献
  MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2009 Jul 24;58(28):773-8.
Neurologic complications associated with novel influenza A (H1N1) virus infection in children - Dallas, Texas, May 2009.
Centers for Disease Control and Prevention (CDC).


現在、新型インフルエンザウイルスの感染爆発がどの程度の勢いで広がるのかよくわからない状況です。

2009年8月中旬の時点で推定患者数は11万人です。

しかしながら、高熱が出る患者さんは1/3程度と言うことですし、1/3の患者さんでは発熱がなくて、症状も非常に軽いようです。


症状の軽い患者さんはできるだけ自宅で自力回復に努めて、病院に殺到することで医療崩壊を加速しないようにしましょう。

原始的な対策が一番効果的だったりする

鳥インフルエンザが人から人へ感染するようになり、

一気に世界中で広がることが予測されている。


このことを称してパンデミックと言うわけだが、

実際に、これが起こったときに何が起こるかと言うと

今回の鳥インフルエンザの場合は恐ろしい事態になる。



医療関係者にさえ、逃げ出す者がいた。

少なくともこれまでの鳥から人への感染では

致死率は80%前後と言う恐ろしさだ。


続きを読む

タミフルと脳組織の関係性は否定されたが。

タミフルが脳へ及ぼす影響について


タミフルが脳へ及ぼす影響について
タミフル販売者側の中外製薬からデータが報告された。

その内容を見ると今回はin vitro中心の検討で、
それ以外はラットの組織中濃度の検討であった。
このデータだけをみれば確かに
タミフルと中枢組織とのダイレクトな結びつきは否定される。

だけど残念ながら、この結果だけを持って
タミフル服用と異常行動に関連性がないとは
断定しようがないのは言うまでもない。

続きを読む

鳥インフルエンザ、ドイツでまた処分

鳥インフルエンザは着々と広がってますね。
ドイツでも、願うわけではないけれどもまたまた感染。
鶏の大量処分です。



2007年8月25日、ドイツ南部Wachenrothの検問所で、車両を止める防護服に身を包んだ治安当局職員。(c)AFP/DDP/CLEMENS BILAN

いやあ、そのお、治安当局職員さん、
インフルエンザの前に、
晩酌のビールとソーセージを減らした方がいいんじゃないかなんて、
ご、ごめんなさい。


ところでどうして同じ国でばかり発生するのかという
妙な気がしていたのですが、

続きを読む

鳥インフルエンザ拡大でドイツからの鶏輸入停止

ふたたび鳥インフルエンザに関する情報です。
今度はドイツですね、ドイツを含めてヨーロッパでの
渡り鳥の間での鳥インフルエンザ罹患率はそこそこ高く、
これがしばしば鶏にも感染します。



ドイツからそんなに鶏を輸入していたんですね( ゜_゜;)
続きを読む

鳥インフルエンザの中近東での拡がり

高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)による犠牲者が
エジプト国内で増えている。

2006年2月に国内で初めて同ウィルスが確認されてから、
現在までに34人の症例が報告され、14人が死亡している。



ちょっと怖い事態が起こりつつあるようですね。

続きを読む

タミフル使用制限!10代対象に服用差し控え

タミフル使用制限!

インフルエンザの特効薬であるタミフルの危険性に関して
厚生労働省がようやく手を打ってきました。

発売元の中外製薬に対して、
10歳以上の未成年患者の内服を原則として差し控えるように
と言う緊急安全性情報を出し、
医療機関に配布するように指示を出したそうです。

続きを読む

インフルエンザ特効薬タミフルと睡眠障害

インフルエンザ特効薬タミフルが引き起こす、とされている異常行動の事例は、夢遊病や夜驚症といった睡眠障害と行動パターンや発症年齢が非常によく似ている。

そのような記事を昨日も上げたばかりで申し訳ないのですが、

インフルエンザとタミフルとアルプスの少女ハイジ

またまた転落死の報道がありました。
今度はマンションの14階からの中学2年生の男の子です。

続きを読む

インフルエンザとタミフルとアルプスの少女ハイジ

インフルエンザ特効薬タミフルで起こる異常行動と、
「アルプスの少女ハイジ」について、今回は書いて見ます。

な、なんのこっちゃ(笑)。


突飛なタイトルですが、
よろしければ最後までお付き合いください。


まずはタミフルによる異常行動問題の、現況のおさらいです。

続きを読む

インフルエンザの治療と妊娠

インフルエンザにかかるのは子供だけではありませんね。
妊婦さんもかかります。
このときに治療をどうするかなんですが、

まず、タミフルですが、これでどうなるかというのは
妊娠初期には子供の精神疾患が発症する確率が
数倍高くなるという報告がある様です。

文献の原文を読んでいないので詳しいコメントは避けますが。

少なくとも、
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。